池袋の質屋でショッピング

池袋の質屋の謎

池袋の質屋の謎メイン画像
質屋は物品を担保にお金を借りるところ、池袋ではブランド品を扱うインポートショップのような位置づけ

池袋の質屋でショッピング

質屋は物を質屋さんに持ち込んで、それを担保にお金を借りるシステム。

古くは日用品などを質入れして、お金を借りて、期日までにお金を返済することで担保に入れた着物などを返してもらうという風に、庶民の銀行代わりに機能していました。

池袋の質屋はブランドアイテムを手ごろな価格で入手できるスポットとして、インポートショップのような位置づけになっています。

必要なくなったブランドアイテムなどを質屋に持ち込んで、代わりに別のブランド品を買ってくるというのは、ブランド好きの人たちの間では人気のショッピングの形態になっています。

質屋は物品を担保として差し出して、その価値に見合った金額を現金で受け取ることができます。

本来は借金ですが、返済ができなかったらその物品が質流れで流れてしまい、返済の必要はなくなります。

金融業とはいえ、他の一般のその他金融とは違い、質屋営業法という別の法律によって営業していて、そのため金利の上限も別途定められています。

質屋営業法の上限は年利にすると109%以上にもなります。

実際、池袋の質屋では年利で36から96%にもなる利率です。

現在では、金融業も多岐にわたり、質屋に物品を預けてお金を借りたいと考える人は少数派です。

最初から質屋を買取り店のように位置づけているのが一般的です。

借金をするには3か月という短期契約で、融資額が少額であることなど、中古品の扱いであるため、盗品などの可能性があることを考え、警察との綿密な協力体制があります。

また、担保とされる物品の商品価値などを鑑定するシステムも整っています。

質屋というしくみを理解して、上手に利用することができると、さまざまなメリットがあることがわかります。

池袋で質屋を探すなら>>須賀質店(池袋営業所)アクセス

PICKUP記事

SIDE MENU